野外ステージでトランペットを吹いてリフレッシュ!

 大多喜町を拠点に活動する『トランペット研究会(愛称・ブラスオオタキ)』のメンバーは、内浦山県民の森で練習に励んでいた。代表の根本通明さんは、「現メンバーは7名で年齢も様々。通常練習は土曜日に行いますが、場所の確保状態によって日曜日になることも。演奏がうまくなるように音楽を楽しむことを目的としています」と説明する。
 取材当日、野外ステージでトランペットを吹いたメンバーは5人。広場に響く音色は、『ジュピター』や『ハナミズキ』など親しみのあるものばかり。クラシックを演奏することもある。メンバーの荘司智子さんは、「私が研究会に入ったのは他の吹奏楽団で根本さんと知り合ったことがきっかけ。音域が無限といわれるトランペットの魅力にはまりました。みなさん面白い方たちばかりなので年齢問わず楽しめます」と語る。
 同じ楽器が好きという共通点だけで、強く繋がっている。勝浦市在住で最年長の男性(73)は、「最近参加したばかりだけれど、毎週来ている。トランペットがあまりうまくなくても楽しめればオッケー!」と笑顔を見せた。同研究会は基本的にアンサンブルを楽しむが、別の楽器演奏も可能。「トランペットに疲れたら、みんなサックスやフルート、リコーダーなど吹いている」と根本さん。全員で1曲合わせてみてから、根本さんの「この曲の最初はメゾピアノです。だんだん強くなります」と指示が入る場面も。これからは発表会への参加も目指している。現在メンバー募集中。活動場所はホームページで確認を。
問合せ
https://www.c-sqr.net/c/cs33549/Circle_about.html

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る