健やかで幸せになるまちづくり

 少子高齢化が全国的に進む中、長生郡睦沢町でも2030年には高齢化率が47.7%まで上昇する見込みだ。高齢になっても地域で元気に、かつ生きがいをもって幸せに暮らせる社会の実現をと同町では平成25年から『地域再生・健幸のまちづくり計画』に取り組んでいる。
 睦沢町役場、総務課の大塚晃司さんに話を聞いた。健康寿命を延ばすには1日9千歩以上歩くことが効果的だとされていることから、町民が「知らず知らずのうちに歩いてしまう」町への構造転換を思索中だ。町民の健康度が上がれば、医療費や介護費の削減につながることはいうまでもない。一施策として、睦沢町の中心でもあり、町の骨格でもある県道大多喜一宮線と南総広域農道に位置している有利な交通条件を活かし、道の駅『つどいの郷むつざわ』周辺を『スマートウェルネスタウン』として整備していく。地域活性化の拠点となる優れた企画だとして国から重点「道の駅」にも選定された。第1期は、県道大多喜一宮線以北に「食・憩・運動・参加」を取り入れた道の駅と、人口減少に歯止めをかけるため子育て世帯と高齢者世帯が共生できるウェルネス住宅の建設を、平成31年度オープンを目処に進めていく。地元の食材を使ったレストラン、水溶性天然ガス鉱床である立地特性を活かしたコミュニティ銭湯、フィットネスマシーンや健康プログラムなどを取り入れたコミュニティフィットネスを設置し、近隣に住む人たちが互いに関わり合うまちづくりを目指す。第2期は、県道大多喜一宮線以南に既存する、道の駅と子育て中の若者向け定住促進住宅、商業施設の有効活用を図っていく方針だ。
 「将来的には、歩行コースや里山の整備、路線バス利便性の向上にも着手し同道の駅を中心とした県道大多喜一宮線沿いを、9千歩以上歩いてしまう『健幸ゾーン』としたい」と大塚さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る