健やかで幸せになるまちづくり

 少子高齢化が全国的に進む中、長生郡睦沢町でも2030年には高齢化率が47.7%まで上昇する見込みだ。高齢になっても地域で元気に、かつ生きがいをもって幸せに暮らせる社会の実現をと同町では平成25年から『地域再生・健幸のまちづくり計画』に取り組んでいる。
 睦沢町役場、総務課の大塚晃司さんに話を聞いた。健康寿命を延ばすには1日9千歩以上歩くことが効果的だとされていることから、町民が「知らず知らずのうちに歩いてしまう」町への構造転換を思索中だ。町民の健康度が上がれば、医療費や介護費の削減につながることはいうまでもない。一施策として、睦沢町の中心でもあり、町の骨格でもある県道大多喜一宮線と南総広域農道に位置している有利な交通条件を活かし、道の駅『つどいの郷むつざわ』周辺を『スマートウェルネスタウン』として整備していく。地域活性化の拠点となる優れた企画だとして国から重点「道の駅」にも選定された。第1期は、県道大多喜一宮線以北に「食・憩・運動・参加」を取り入れた道の駅と、人口減少に歯止めをかけるため子育て世帯と高齢者世帯が共生できるウェルネス住宅の建設を、平成31年度オープンを目処に進めていく。地元の食材を使ったレストラン、水溶性天然ガス鉱床である立地特性を活かしたコミュニティ銭湯、フィットネスマシーンや健康プログラムなどを取り入れたコミュニティフィットネスを設置し、近隣に住む人たちが互いに関わり合うまちづくりを目指す。第2期は、県道大多喜一宮線以南に既存する、道の駅と子育て中の若者向け定住促進住宅、商業施設の有効活用を図っていく方針だ。
 「将来的には、歩行コースや里山の整備、路線バス利便性の向上にも着手し同道の駅を中心とした県道大多喜一宮線沿いを、9千歩以上歩いてしまう『健幸ゾーン』としたい」と大塚さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る