健やかで幸せになるまちづくり

 少子高齢化が全国的に進む中、長生郡睦沢町でも2030年には高齢化率が47.7%まで上昇する見込みだ。高齢になっても地域で元気に、かつ生きがいをもって幸せに暮らせる社会の実現をと同町では平成25年から『地域再生・健幸のまちづくり計画』に取り組んでいる。
 睦沢町役場、総務課の大塚晃司さんに話を聞いた。健康寿命を延ばすには1日9千歩以上歩くことが効果的だとされていることから、町民が「知らず知らずのうちに歩いてしまう」町への構造転換を思索中だ。町民の健康度が上がれば、医療費や介護費の削減につながることはいうまでもない。一施策として、睦沢町の中心でもあり、町の骨格でもある県道大多喜一宮線と南総広域農道に位置している有利な交通条件を活かし、道の駅『つどいの郷むつざわ』周辺を『スマートウェルネスタウン』として整備していく。地域活性化の拠点となる優れた企画だとして国から重点「道の駅」にも選定された。第1期は、県道大多喜一宮線以北に「食・憩・運動・参加」を取り入れた道の駅と、人口減少に歯止めをかけるため子育て世帯と高齢者世帯が共生できるウェルネス住宅の建設を、平成31年度オープンを目処に進めていく。地元の食材を使ったレストラン、水溶性天然ガス鉱床である立地特性を活かしたコミュニティ銭湯、フィットネスマシーンや健康プログラムなどを取り入れたコミュニティフィットネスを設置し、近隣に住む人たちが互いに関わり合うまちづくりを目指す。第2期は、県道大多喜一宮線以南に既存する、道の駅と子育て中の若者向け定住促進住宅、商業施設の有効活用を図っていく方針だ。
 「将来的には、歩行コースや里山の整備、路線バス利便性の向上にも着手し同道の駅を中心とした県道大多喜一宮線沿いを、9千歩以上歩いてしまう『健幸ゾーン』としたい」と大塚さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る