無から構築する面白さを満喫

 2月28日(日)、東金市中央公民館主催で開催された『第25回東金市民囲碁大会』。運営協力の『東金市囲碁クラブ』会長の森川健さんは、「囲碁クラブは毎月3回(第2・3・4日曜日)行われており、この大会への出場率は高いです。市民大会は年に1回開催されていて、参加数は30名。平均年齢は60代後半と高めですが、ハンディを用いているため初心者から熟練者まで力の差があってもお互い楽しめますよ」と話す。
 1試合70分で5回対局し、成績によって順位が決定する。部門はレベルで3階級に分かれ、9時過ぎに開会式を終えた参加者たちは、午後4時ごろまで対局に打ち込んだ。静かに、じっと碁石を見つめる参加者たちからは、時々ため息にも似た声が漏れる。また、相手の技に納得するかのように何度か頷く人も。
 「頭をよく使います。考えても、考えても難しいのが面白いんでしょうね」と参加者。クラブ副会長の清水眞さんも、「囲碁を始める人は、全体の3割。その中で、一通りマスターするには1、2年かかるので途中でやめてしまう人も少なくないです。でも、囲碁は未知への挑戦。二度と同じことは起きないのが魅力ですね」と続ける。この日、優勝者には賞状と記念品が贈られた。囲碁クラブは会員を募集中(会費6カ月1500円)。

問合せ 東金市中央公民館
TEL 0475・50・1191

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る