無から構築する面白さを満喫

 2月28日(日)、東金市中央公民館主催で開催された『第25回東金市民囲碁大会』。運営協力の『東金市囲碁クラブ』会長の森川健さんは、「囲碁クラブは毎月3回(第2・3・4日曜日)行われており、この大会への出場率は高いです。市民大会は年に1回開催されていて、参加数は30名。平均年齢は60代後半と高めですが、ハンディを用いているため初心者から熟練者まで力の差があってもお互い楽しめますよ」と話す。
 1試合70分で5回対局し、成績によって順位が決定する。部門はレベルで3階級に分かれ、9時過ぎに開会式を終えた参加者たちは、午後4時ごろまで対局に打ち込んだ。静かに、じっと碁石を見つめる参加者たちからは、時々ため息にも似た声が漏れる。また、相手の技に納得するかのように何度か頷く人も。
 「頭をよく使います。考えても、考えても難しいのが面白いんでしょうね」と参加者。クラブ副会長の清水眞さんも、「囲碁を始める人は、全体の3割。その中で、一通りマスターするには1、2年かかるので途中でやめてしまう人も少なくないです。でも、囲碁は未知への挑戦。二度と同じことは起きないのが魅力ですね」と続ける。この日、優勝者には賞状と記念品が贈られた。囲碁クラブは会員を募集中(会費6カ月1500円)。

問合せ 東金市中央公民館
TEL 0475・50・1191

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る