ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 オオバン

 最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少なく、白色、黒色で構成された単純な色彩で、赤いつぶらな目が印象的である。以前は冬鳥で、秋田県以北で繁殖し、越冬期には西日本へ渡ってくる野鳥だったようだ。
 それが1980年代から日本での越冬・繁殖分布が広がり始め、1990年代以降は九州より北のほとんどの地域で繁殖・越冬するようになり、今ではどこの水辺でも一年中見られるようになった。理由は特定されていないが、北方の繁殖地で数を増やし、生息域が南方に広がっており、その結果渡りをする個体だけでなく留鳥の個体も増えたという説もある。
 湖沼や川だけでなく、海辺でも見かける。集団で水辺に浮いており、時折水中に潜って、水草などを食する。カモのように水かきはないが、指の両側が平たく広がった弁足と呼ばれる足指で上手に泳いだり潜ったりできるようだ。人や天敵の気配がないときは、集団で陸に上がり、陸上の植物の葉を食することがある。水草が少ない環境の場合は特にその傾向が強いようだ。人が近づくなど危険を察知すると、弁足でぎこちなくヨチヨチと歩き、一斉に水に逃げる。それがユーモラスで、可愛らしい。身近な水辺に生息しているので、散歩がてらに観察してみよう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット
自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
TEL.080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る