ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 オオバン

 最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少なく、白色、黒色で構成された単純な色彩で、赤いつぶらな目が印象的である。以前は冬鳥で、秋田県以北で繁殖し、越冬期には西日本へ渡ってくる野鳥だったようだ。
 それが1980年代から日本での越冬・繁殖分布が広がり始め、1990年代以降は九州より北のほとんどの地域で繁殖・越冬するようになり、今ではどこの水辺でも一年中見られるようになった。理由は特定されていないが、北方の繁殖地で数を増やし、生息域が南方に広がっており、その結果渡りをする個体だけでなく留鳥の個体も増えたという説もある。
 湖沼や川だけでなく、海辺でも見かける。集団で水辺に浮いており、時折水中に潜って、水草などを食する。カモのように水かきはないが、指の両側が平たく広がった弁足と呼ばれる足指で上手に泳いだり潜ったりできるようだ。人や天敵の気配がないときは、集団で陸に上がり、陸上の植物の葉を食することがある。水草が少ない環境の場合は特にその傾向が強いようだ。人が近づくなど危険を察知すると、弁足でぎこちなくヨチヨチと歩き、一斉に水に逃げる。それがユーモラスで、可愛らしい。身近な水辺に生息しているので、散歩がてらに観察してみよう。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット
自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。
TEL.080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  2. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  3.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  4.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  5.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  6.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  7.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  8.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  9.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る