ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ムラサキケマン

 里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾ってあるよう、花を模した仏具のこと。
 ムラサキケマンの花は、長さ2センチ弱で淡~濃紅紫色の筒状花が総状につく。左右相称でうしろに突き出た距があるのはキケマン属の特徴。葉は2、3回複葉、細かく裂けた羽状。花茎先端の花が開くころ、下の花はもう蒴果をつけている。
 春に種から芽生えた苗は花が咲かないまま、夏を過ぎると地上部だけ枯れる。
秋にまた芽生え、葉を地面に平らに広げて冬を越す。翌春になると花茎を伸ばし結実して枯れるという2年草。木陰や湿り気のある所ではワンサカ生えるありふれた野草の一つ。
 あまりにも見慣れてスルーするも、名前を知る人は少ない。まして、全草が有毒ということを知る人はもっと少ない。生育場所や葉の形が非常によく似た山菜があり注意が必要。花が咲けば容易に区別できるものの、食用にする頃の若葉では非常に難しい。ケシ科の野草は有毒が多く、薬用に使われるものもあるがムラサキケマンに薬効はない。
 有毒植物という危険が身近にあるのも、自然が豊かであればこそ。いつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る