ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ムラサキケマン

 里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾ってあるよう、花を模した仏具のこと。
 ムラサキケマンの花は、長さ2センチ弱で淡~濃紅紫色の筒状花が総状につく。左右相称でうしろに突き出た距があるのはキケマン属の特徴。葉は2、3回複葉、細かく裂けた羽状。花茎先端の花が開くころ、下の花はもう蒴果をつけている。
 春に種から芽生えた苗は花が咲かないまま、夏を過ぎると地上部だけ枯れる。
秋にまた芽生え、葉を地面に平らに広げて冬を越す。翌春になると花茎を伸ばし結実して枯れるという2年草。木陰や湿り気のある所ではワンサカ生えるありふれた野草の一つ。
 あまりにも見慣れてスルーするも、名前を知る人は少ない。まして、全草が有毒ということを知る人はもっと少ない。生育場所や葉の形が非常によく似た山菜があり注意が必要。花が咲けば容易に区別できるものの、食用にする頃の若葉では非常に難しい。ケシ科の野草は有毒が多く、薬用に使われるものもあるがムラサキケマンに薬効はない。
 有毒植物という危険が身近にあるのも、自然が豊かであればこそ。いつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る