9〜10月、大スズメバチが何匹もの仲間と共に、ミツバチの巣箱を襲いにやってきます。毎日次から次へと飛来し、巣箱の周りを飛び交いながらミツバチを捕え、肉団子にして自分達の巣に持ち帰って幼虫の餌にします。
 先日、様子を見に行ったら数十匹の大スズメバチが巣箱の入り口に集まり、強力な顎で板を嚙りながら強引に入ろうとしていました。2〜3匹のスズメバチであればニホンミツバチは闘う術を知っていますが、もし巣箱の中に何十匹の大スズメバチに侵入されてしまったら、群れは忽ち全滅してしまうか、或いは巣を捨てて逃げ出さなくてはなりません。これが西洋ミツバチの群れであれば、たった1匹の大スズメバチによって瞬く間に全滅してしまいます。
 スズメバチがミツバチの巣を襲う場合、通常なら陽が沈むと自分の巣に帰って行くはずが、何匹かがその場に留まり、一晩中見張りをします。巣を占領したならばミツバチの幼虫を殺さず生かしておいて、少しずつ自分達の巣に運んで餌にします。幸い今回は大スズメバチの侵入を食い止めて、ミツバチ達を守る事が出来ました。
 さて、今回作るのはコーラシロップです。知人が以前作ってとても美味しいとの感想でしたので、チャレンジしてみました。炭酸水で割って飲みます。

●材料
シナモンスティック1本、ジンジャー30g、レモン1/2個、バニラビーンズ3㎝、黒糖100g、蜂蜜50g、コリアンダー・カルダモン・クローブは各2gずつ、水150㎖
●作り方
①カラメルソースを作る。砂糖大さじ2と水大さじ1を鍋に入れて中火にかけ、飴色に変わってきたら火を止めて水大さじ1をさらに加える。
②コーラシロップを作る。①に蜂蜜以外の材料を全部加え、沸騰させてから弱火で10分ほど煮る。
③火を止めて蜂蜜を加えかき混ぜる。
④茶漉しで漉して瓶などの容器に入れて保存する。

長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る