陽が沈むのもゆっくりとなり、暖かい春の日差しの日も増えています。1年の中で新緑の香りと共に最も心地よい季節ですが、3年前の春に花粉症を患ってしまい、以来この季節になるとずっと鼻炎と目の痒みに悩まされています。今年は特に症状が悪化してしまい、外に出るのを躊躇って好天の日でも殆ど土に触れる事が出来ませんでした。

 でも、とうとう我慢出来ずにご近所の内科を受診し薬を処方して貰って、ようやく症状を抑える事が出来ました。さあ、これまでの作業の遅れを急いで取り戻さねば!南九州では早くもミツバチの分蜂が始まっていると知らせが届きました。そろそろ関東でも巣箱を設置する準備を始めなければなりません。ホームセンターでは、種芋や綺麗に咲いた花や野菜の苗が沢山陳列されています。畑を耕し野菜の苗を植える準備もあります。庭は冬の間の枯れ草を取り除き、肥料を入れて新しい草花を植えなければ。

 春はたとえ花粉症で苦しんでいても、ガーデナーにとっては胸が躍る季節なのです。今回は、摘んだばかりの新鮮なヨモギでマフィンを作ってみました。

・材料(10個分)

薄力粉300g、ベーキングパウダー小匙1、 黒糖130g、ミルク200mg、グランマルニエ(ラム酒などでも代用可)50cc、ヨモギ30g、卵2個、バター100g、クルミ70g

・作り方
①オーブンを180度に予め加熱しておく。
②ボウルに振るった薄力粉、ベーキングパウダー、黒糖を入れる。
③ミキサーの中にミルク、グランマルニエ、卵、ヨモギを入れて攪拌する。
④ ③と細かく砕いた胡桃を半分だけ②のボウルに入れ、ざっくり混ぜる。
⑤ ④を紙の型10個に流し込み、残り半分の胡桃をトッピングしていく。
⑥25〜30分程オーブンで焼き上げる。
※ヨモギは花粉症の予防効果もあると言われています。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る