カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • 唐辛子の一連飾りを作ろう

    唐辛子の一連飾りを作ろう  3月14日(木)、菊間保健福祉センターで『唐辛子の一連飾り』講座が催された。募集人数を大きく上回る18名の応募だったが、期待に応えて全員当選となる人気ぶり。唐辛子には娘に虫がつかないよう…
  • 春先取り!大多喜の里山を歩く

    春先取り!大多喜の里山を歩く ~滝、隠れ里、犬岩、巣堀のトンネル~  3月中旬、大網白里市の『自然観察会やまぼうし』主催(上田弘子代表)ウオーキングに同行取材した。朝から強い南風の吹き荒れた1日だったが、山あいを…
  • 晩春の長南町を散策しよう!

    晩春の長南町を散策しよう! ~野見金公園で4月中旬には遅咲きの桜、6月には紫陽花鑑賞を~  3月23日(土)、長南町で開催された『町民ウオーキング大会』(長南町体育協会主催)に同行取材した。同大会は今年で10回目…
  • 珍しいキノコ発見!

    珍しいキノコ発見! 大網白里町ウォーキング会会長自然観察会やまぼうし主催 上田 弘子さん(大網白里市)  昨年秋の自然観察会で館山市の海岸に出かけ、海浜植物の中に見慣れない植物?を見つけました。調べたところ、キ…
  • 市制施行50周年記念 市原市の50年第2回

    市原市市制施行50周年記念「市原市の50年」 第2回【全6回】1973~1982年編 市原の50年を振り返る第2回。今号は昭和48年から57年です。大規模開発から暮らしやすさや環境重視へ。市民の要望とともに施策に…
  • 市原・大俵の一本桜、今春初公開!

    市原・大俵の一本桜、今春初公開! <案内人> 一本桜愛好家 谷垣 敬次郎さん  春うらら、暖かい日が続いた今年は桜が咲くのも早いよう。お花見情報も気になるこの時期、今まで地元の限られた人しか知らなかった一本桜をご…
  • 毎日の暮らしが楽しくなる器を

    毎日の暮らしが楽しくなる器を  暮らしの中で大きなイベントや変化がなくても、普段使っているカップやお皿などを変えてみると心が弾んだことあるのでは。そんな日常生活に彩りを与えてくれる器を作っているのが、いすみ市大原在…
  • 市制施行50周年特集 市原市の50年

     今年、市原市は市制施行50周年を迎えます。静かな農村・漁村から工業と住宅都市へ。その半世紀の歩みを、5回に渡って振り返ります。第1回の今号は、市制施行された昭和38年から47年です。 ■昭和38年(1963年) …
  • 季節のスケッチ

    季節のスケッチ 野遊びの我ら直立歩行族 俳画と文 松下佳紀 春の季語「野遊び」とは、寒い冬から解放された我々が春の到来と共に野山に出かけ遊び興じることだ。春風は心地よく、自然の中を歩くだけで楽しい。健康のため歩け…
  • 日本の伝統食 味噌づくりを楽しむ

    日本の伝統食 味噌づくりを楽しむ  大豆、麹、塩とシンプルな素材を使い、じっくりと熟成させる味噌。大豆の持つ良質なたんぱく質や食物繊維に加え、麹の出す酵素の働きでできる必須アミノ酸やビタミンを豊富に含む発酵食品であ…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る