カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • 私の散歩道

    私の散歩道 ・タンポポ  昨日、山道を通って姉崎の文房具やに車で行く途中、田んぼの畦に黄色いタンポポが、ポツンと咲いているのが目に飛び込んできた。それが気になり、今日は暖かいので、画材を持って、写生に出ました。まだ…
  • ともに戦い、最後は一緒に笑いましょう

    J1昇格に向けて頼もしい助っ人がやってきた。練習からその存在感はピカイチ。そんなジャイール選手の素顔は24歳の妻を愛する好青年だった。 ■サッカーを始めたキッカケを教えてください。 「いとこに連れられて、6歳ご…
  • 我が家はまるでブレーメンの音楽隊

    我が家はまるでブレーメンの音楽隊 北村 昭彦さん 「海辺で子育てがしたいと、夷隅周辺の求人情報をインターネットで検索したら、一番にでてきたのが今の仕事の『NPO法人おんじゅくDE元気』のスタッフ募集。御宿の自然…
  • カモメ通信 チケットプレゼント

    カモメ通信 チケットプレゼント ◆伊東監督コメント 「石垣島にて2月1日から19日まで春季キャンプを行いました。様々な方々のご協力もあり、思った以上に充実したキャンプとなったと思っています。今後は練習試合、オー…
  • 可愛い孫へ手作り雛を

    可愛い孫へ手作り雛を  市内平蔵に住む川野百合子さん(63)は、習志野市で暮らしている息子夫婦の間に生まれた孫の百華ちゃん(2)のために初めて、お雛様を作った。 「お雛様を持っていないと言う孫に、元気に育ってほ…
  • ソフトテニスに引退はない

    ソフトテニスに引退はない 選手・指導者・役員と多彩に活躍 大川 京子さん  澄みきった青空に緑のコート。眩しさに目を細めながらラケットを強く振る。テニスボールが、相手コートのエンドラインを駆け抜けていく。次の打球…
  • なかったこと

    なかったこと  文と絵 山口高弘  明け方の地震で飛び起きて、窓の外が見えたけれど雪は降っていない。「予報が外れたか」再び眠りにつき、もう一度目覚めると窓の外は、それはそれは鮮やかに白く雪化粧していて、まぶしいくら…
  • 大判小判と江戸の暮らし

    大判小判と江戸の暮らし  かつて人々は物々交換をして暮らしていた。飛鳥、奈良時代の『富本銭』と『和同開珎』は唐のお金がお手本。朝廷は流通させようと法令も出したが廃れ、平安中期までは利用しやすい米、絹などの物品貨幣が…
  • 募集 中房総をまるごと味わうサイクリング

    募集 中房総をまるごと味わうサイクリング  地元イチオシの逸品が楽しめる『中房総グルメサイクリング』が3月16日(土)に開催される。コースは日本エアロビクスセンター(長柄町)を基点に2つ。  中上級者向けには変化…
  • 九十九里七福神めぐり

    知っているようで知らない『九十九里七福神めぐり』  九十九里の海岸線を走っていて『九十九里七福神』の看板を目にした人も多いのでは? しかし、近くに住んでいるといつでも行けるとなかなか訪れないのが常。そこで1月27日…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る