カテゴリー:市原版

  • いにしえの管弦、つながる想い

    いにしえの管弦、つながる想い コンサート開催  市原市市制施行50周年記念・市民会館ホール耐震工事落成記念事業として、11月3日(日)、和楽器の魅力を伝えるコンサート『和楽器オーケストラあいおい』による市原公演が…
  • 市原市太極拳協会交流会 ゼットエー武道場で開催

    市原市太極拳協会交流会 ゼットエー武道場で開催  第16回市原市太極拳協会交流会が、9月7日ゼットエー武道場にて開催されました。毎年、市民に太極拳の体験を通して健康に良いことを知って頂き、普及させることを目的に行…
  • 砥石で抜群の切れ味に

    砥石で抜群の切れ味に  包丁の切れ味がイマイチ。でも何とかごまかして使っている…そんな人も多いのでは?9月26日、菊間コミュニティセンターで開かれた『研ぎ方教室』では、男女13名の参加者が砥石を使った包丁の研ぎ方を…
  • 季節のスケッチ

    季節のスケッチ 俳画と文 松下佳紀 百日草を見るとなぜか懐かしい思いが胸をよぎる。いずれも遠い幼年期の記憶だ。ひとつは墓所に供えられた色あざやかな百日草。ひとつは車のまき上げる埃をかぶりながらも国道脇に咲く百日草…
  • 外はカリカリ中はフワフワ フォカッチャ

    外はカリカリ中はフワフワ フォカッチャ  イタリアの代表的なパン『フォカッチャ』を作る講座が三和コミュニティセンター主催で9月12日開催された。指導したのはチーム安の高田温美さん(54)と助手の竹石さん、山口さん…
  • バレリーナ気分でストレッチ

    バレリーナ気分でストレッチ 「運動しなくちゃ、でもなかなか…」という人に身体を動かす機会を持ってもらおうと、市原市『健康いちはら21』計画推進事業の一環として平成17年度から『元気はつらつ運動教室』が行われている…
  • 心象のイメージを画に託す

    心象のイメージを画に託す 銅版画家 吉瀬 透さん …
  • 君が夢中になれるものは何?

    君が夢中になれるものは何?  キャリア教育の一環として市立牛久小学校が取り組んでいる『夢ぴったり仕事体験』。地域の保育所やケーキ屋など12カ所で職場体験をした同校6年生45名を対象に、9月19日、サッカー市民球団『…
  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.19 藤田雅也(ファースト)(写真右) ちはら台南中学校2年 「プロ野球を見ていて面白そうだと小3から野球を始めた。ポニーには中1から入り、今は弟…
  • 古代へタイムスリップ

    古代へタイムスリップ  毎月第1土曜日、サンプラザ市原でサークル『こしば古代史の会』の皆さんが共立女子短期大学教授の前之園亮一さん(66)を講師に迎え、勉強会を行っている。30年前に辰巳台の婦人サークルで万葉集の勉…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る