カテゴリー:市原版

  • 身近な自然を感じてみよう

    身近な自然を感じてみよう 「暑い夏の日、目の前に突然舞いおりてきたオオムラサキ。くねくね峠に棲むヒキガエル。帽子を落としたことを教えてくれたコナラの木」市原市瀬又在住の田頭芳樹さん(48)が近所の自然の中で出会い…
  • 伝統の海苔作り児童ら体験

    伝統の海苔作り児童ら体験 「おいしそう」、「いい香り~」木更津金田産の生海苔を前にはしゃぐ児童たち。2月14日、市立白金小学校で昔ながらの海苔作りが同校3年生の体験学習として行われ、児童60名が生き生きとした表情…
  • 2012千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれて

    2012千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれて 「女子プロ野球選手になりたい!」 村越 美咲さん  昨年末、札幌ドームにて第8回目となる『NPB12球団ジュニアトーナメント ENEOS CUP』(一般社団法人日本…
  • 西アフリカからの熱い風

    西アフリカからの熱い風  日本から1万3千キロ以上離れた西アフリカ。ECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)に属する10カ国の大使館の協力を得て、袖ケ浦市国際交流協会が『西アフリカフェスティバルin袖ケ浦』を開催し…
  • 若宮小学校PTA 文部科学大臣表彰

    若宮小学校PTA 文部科学大臣表彰  平成24年度優良PTA文部科学大臣表彰を受け、「PTA 活動の歴史の中でいただいたものと考えております」と話すのは市立若宮小学校の八巻正宏校長(57)。昭和47年の開校から数々…
  • 「市原クラブ・コスモス」が千葉県代表として出場決定!

    「第29回 全日本還暦軟式野球選手権大会」に 「市原クラブ・コスモス」が 今年も千葉県代表として出場決定!  還暦軟式野球チーム「市原クラブ・コスモス(平成22年創立)」が、昨年4月2日~12月8日に行われた第…
  • アジア諸国の行政官と楽しく文化交流

    アジア諸国の行政官と楽しく文化交流  2月15日に今年度第2回目となる県主催幕張アジアアカデミー事業『アジア総合学科』が私立市原中央高等学校で開催された。県内高校生の国際意識の醸成を目的とし、(独)日本貿易振興機構…
  • 昭和の暮らしを振り返って

    昭和の暮らしを振り返って 祖父母から孫へ、親から子へ~家族の歴史と重ねてみては  梅や桜の花見で有名な袖ケ浦公園内の袖ケ浦市郷土博物館で、4月7日(日)まで『昭和のくらし 衣・食・住そして遊び』が開催されている。…
  • ともに戦い、最後は一緒に笑いましょう

    J1昇格に向けて頼もしい助っ人がやってきた。練習からその存在感はピカイチ。そんなジャイール選手の素顔は24歳の妻を愛する好青年だった。 ■サッカーを始めたキッカケを教えてください。 「いとこに連れられて、6歳ご…
  • 可愛い孫へ手作り雛を

    可愛い孫へ手作り雛を  市内平蔵に住む川野百合子さん(63)は、習志野市で暮らしている息子夫婦の間に生まれた孫の百華ちゃん(2)のために初めて、お雛様を作った。 「お雛様を持っていないと言う孫に、元気に育ってほ…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る